管理職も夢じゃない

インフラエンジニアで描くキャリアパス

0

インフラエンジニアという仕事の特徴は

インフラエンジニアの特徴は、人生設計に合わせて様々なキャリアパスが描ける点にある。一点突破型のスペシャリストになるもよし、大きなプロジェクトをまとめあげる管理職・リーダーポジションを狙うのもよしだ。好みのライフスタイルを選んでいけるので、ストレスも溜まりにくい。

年収や勤務時間、勤務地などを好きなように選び、またときには会社そのものを自分の意志で変更していくこともできるのだ。技術に自信があれば、独立してコンサルタント業をすることもできるだろう。仕事に合わせて人生を変更するのではなく、人生に合わせて仕事を自由自在に変えていくことができるので面白い仕事である。

一口にインフラエンジニアといっても、実装部分を担当するのか上流工程を担当するのか、また顧客やクライアントとどれぐらいの時間接することになるのかによって、求められる能力は違ってくる。仕事によっては誰とも話さずに黙々と作業をすることもできるし、チームワークやコミュニケーション能力がフルに活用できるタイプのものもある。

今後は大規模なインフラを各業界の会社が必要とすることはほぼ間違いがないので、いまよりもさらに重要度が高くなる仕事だ。したがって、多くの若者がこの業界を夢見ている。うまく入り込めたなら、高収入が得られるのはほとんど間違いがない点も魅力的であり、まさに成長産業であるIT関連事業の中でも一番の急成長部門だという特徴があるのだ。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *