管理職も夢じゃない

インフラエンジニアで描くキャリアパス

0

インフラエンジニアの仕事探しに有利な能力

あらゆる業界において情報システムを用いたインフラの導入による効率化が進んでいることから、インフラエンジニアによる管理や保守の仕事はどの企業においても必要になってきている。インフラの基本がネットワークに根ざしていることから、そのハード面もソフト面もネットワーク技術に根ざしたものになっていることが多く、ネットワークエンジニアとしてのスキルもその管理や保守の仕事に必要となることが多い。そのため、インフラエンジニアとしてのキャリアパスを考える上ではネットワーク関係のスキル習得を考慮することが重要になっている。 エンジニアとしての基本的な素養としての情報技術の知識や一般的なプログラミングの技術に加えて、ネットワーク関係の知識や経験を身につけていくと多くの企業の社内インフラを扱えるようになる。その特徴として広く利用されている大型機器の種類や特性についての理解が必要になるという点であり、そういったネットワーク技術にまたがる専門的な知識や経験をつけていくことによって仕事探しに有利となり、キャリアパスが開かれていく。 一方、一般企業の社内インフラを担っていく道を進む他にも開発を担うためにIT企業で働いていくことを目指す道もある。 しかし、現場で働くには体力が必要とされることから若さが求められることも多い。そのため、現場で指揮や管理が行えるリーダーとしての資質を磨いていくことが仕事探しに有利となる。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>